かんたの海外旅行計画

海外旅行計画のヒント

海外都市間の航空券を自分で手配しますか?

海外のA都市からB都市へ。インターネットで探して、クレジットカードで決済。

海外旅行バックパッカーの皆さんはいつものことなので・・・・・慣れてる?・・・

 

でもやはり最初は戸惑ったかな?

私の場合、初めて買うときはドキドキ・・・バックパッカーさんのブログを参考にしたけど。

 

航空券を自分で手配するとしても、ほとんどの場合は日本発着の航空券手配で、海外の都市間の航空券を自分で手配することはまれ?・・・・・・

 

 

最初に購入するのに気を付けること書きます

 

1 都市名(空港名)・・・同じ名前の都市があるので、州名や国名まで確認が必要

2 名前(名前と苗字)、パスポート番号、他の入力・・・間違えないように

3 乗り継ぎの場合、特に空港名を確認。大都市の場合、複数の空港がある場合があり、注意が必要。特にLCCの場合はメインの空港ではなく地方空港発着が多い。

 

こんなことがあった。

 

マレーシアのクアラルンプール経由で・・・

LCCのエアアジアに乗り継いでカンボジアへ行きました。(まだエアアジアが日本に入っていない頃)

クアラルンプール国際空港ターミナルとエアアジアの使っている空港ターミナルは全く違ってて、(いったん入国して)路線バスで移動が必要だった。時間的に余裕があったからよかったけど・・・・・焦りました・・・

 

イギリスのロンドンからスイスのジュネーブまで、Easy-Jet で飛んだ時は、ロンドンの飛行場がヒースロー空港ではなく、郊外のガトウィック空港だった。ロンドン・ビクトリア駅から郊外電車で・・・

 

空港を間違えたら大変だよね。日本でも成田と羽田と間違えたら ”アウト”

 

 

さて、では主題の、わたしはどこで航空券を探しているか? というと・・・・・

 

私は数か所・・・・・まずスカイスキャナー

 

日本語サイトは  https://www.skyscanner.jp/

イギリスのサイトは

www.skyscanner.net

 

・・・モモンド momondo

www.momondo.com

 

それから。 cheap0air

 

Cheap Flights, Hotels & Car Rentals − CheapOair

 

 

あとKAYAKとかいくつかあるけど・・・買ったことがあるのはスカイスキャナーとモモンド。チープゼロエアは価格調査のみ使ったことあります。

 

 

 

調べるだけならタダ。 クレジットカード情報入れる前にキャンセルすれば無料。

だから時々暇なときに、例えば ローマからパリはいくら? 使用空港はどこ? なんて調べて遊ぶこともあり・・・

 

なお、購入は自己責任でお願いします。

 

 

 

海外旅行用航空券の個人手配 注意することは?

個人旅行の場合の航空券の手配方法。

旅行会社に頼む方法と自力でnetなどで探す方法があります。

私はもちろんnet派。 

安いまたはお好みの航空会社を探すのも旅行の楽しみの一つ。

 

私の場合、日本から出発して最初の目的地までと、最終訪問地から日本への帰国便の航空券は、基本的には国内(の旅行仲介会社HPに掲載の)代理店業者か、利用する航空会社の窓口サイト。

具体的には・・・

 

旅行仲介会社は

www.ab-road.net

理由は・・・もしもの時も責任をもってくれる。信頼できるから。

 

以前こんなことが新聞記事に。このサイトで営業していた業者が倒産。その時ここ(運営:リクルート社)は全額保障して(倒産した会社に代わり未払い金全額を払い込み)利用者に損害を与えませんでした。

 

ここに掲載されている代理店は基本的にリクルート社が保証(してくれるはず)。カード決済ができるサイトもある。(カード決済分数千円高い場合もあるけど・・)

なお、購入は自己責任で。販売業者に電話などもろもろ確認してから・・・。

 

各航空会社の窓口サイトでもチェックします。そっちが安ければそこから直接購入もします。

 

ここで注意しなければならない点を・・・・・

 

各航空会で購入する場合、搭乗者の名前やパスポート番号など個人情報は、自分で書き込みます。が、特に気を付けなくてはならないところは搭乗者名を書くとき。

 

first name 、given name :名前 (太郎)

family name 、surename 、last name :苗字 (山田)

 

以前まだ個人手配に慣れてない頃、FINNAIRさんのサイトで直接購入した時、注意していたのになぜか間違えて逆に書き込んでしまい、苗字と名前を入れ替えるのに数千円/人x二人、合計で1万ちょい払いました・・・ぽりぽり

 

航空券購入のあとで、座席を指定するため FINNAIR のHPにログインしようと・・・出来ない。何度やっても・・・だめ

 

で、仕方なく FINNAIR 日本の窓口に電話。

あの~ログインできないんですけど・・・お名前をどうぞ・・・○の○べえです・・・しばらくお待ちください・・・お客様苗字と名前が逆に登録されています・・・ええっ。間違いなく記入したはずですが・・・このままではご搭乗できません・・・修正してもらえますか・・・はい有料となります・・・が~ん・・・

 

まぁ。私の失敗だから仕方ないけど、苗字と名前を入れ替えるだけで数千円は取り過ぎ。端末でちょちょっと打ち込むだけなのに・・・

 

日本のAN・という航空会社も数千円らしい。JA・はどうなんだろ?同じかな?

 

とにかく個人手配する時、個人情報の書き込みは間違えないよう気を付けて。

 

名前と苗字が逆でも問題なく乗れましたって記事も見たことあるけど・・・ほんとはどうなんだろ・・・航空会社によって対応まちまち?・・・ってこと?

 

ABロードのサイトで購入するときは、購入店舗にパスポートのコピーを送ると向こうで購入手続きをしてくれるのでそんな心配は不要です。

代理店に航空券を頼む時、依頼用のデータシートに名前、希望便名など詳細を記入して送付するような案内が出ますが無視、私はまず直接電話します。そして便が予約できそうならパスポートコピーを送って代理店に手続きをしてもらいます。そのほうが間違いないし早いから・・・

 

 

旅行先で航空機移動する場合の航空券の事前手配については、つぎの記事で書こうと思いますが、やはり名前と苗字の記入には十分注意ですね。

海外航空会社の航空券発券で名前と苗字を間違えたことはまだないけど、大変そうだから・・・

 

そうそう。リクルート社と私は無関係。宣伝をしてる訳でも何かもらってる訳でもありません。

 

 

海外旅行用の英和辞書・和英辞書のおすすめは?どれがいい?

いまはスマホ全盛。専用のタブレット型の電子辞書もあるけど・・・

持ち歩く人はいないですよね。買うと数万円するし・・・使うのは受験生くらい?

 

海外旅行で使うのは、現地のTVニュース、新聞、パンフレットを読むとき・・・・・あまり使う機会がないかな・・・国内で使うほうが多いかも? CNN や NY Times

見るのに・・・・・

 

私のスマホはアンドロイド系。「英和辞典 無料 オフライン」とかで検索すると多くの辞書が出てくる。無料なのに一部有料コンテンツがある辞書とか、宣伝広告がやたらと多いのとか・・・・数千円出せばいい辞書が買えるけど・・・でも最初に書いたように大して使わないんだよね。

 

google play (たぶんapp store も同じかな?)で英和辞書を検索しても上位に表示されるのはほぼ同じもの。

はっきりいって使いずらい、無料のは。

 

私のおすすめはこれ!  

play.google.com

 

辞書じゃなくて、辞書のビューワー・・・・ですが、辞書データもダウンロードできるので、英和・和英辞書として使えます。

 

この aDice - Google Play の Android アプリ のいいところは・・・・

なんといっても軽くて速い。

前方一致検索してくれる。(途中まで入れてもそこまでで検索してくれる)

英語→日本語、日本語→英語を気にせず、書き込んで検索すれば対訳が表示される。

宣伝や一部有料コンテンツなんて無し。 

語彙や例文も多い。

 

検索履歴が残らないのはちょっと残念だけど。。。

 

今使っているスマホ(国内用)に、海外用2台を含め計3台にこの辞書を入れて愛用してます。もう使わなくなった けど galaxy-s にも入っててそのころから愛用中。

 

そして、これは信頼の日本製。

 

JALマイレージで受け取れる、ワンワールド特典航空券を使った世界一周旅行。南米が暖かく(暑く)なる今年年末から来年始めに行きたい。そろそろルートとか真剣に検討しないと・・・・・

 

ESTAの申請は自分でする?

日本人がアメリカ旅行するには事前にESTAの申請が必要。

 

日本語の申請ページがあるので、パスポートとクレジットカードがあれば自分で出来る。・・・簡単。

 

ネットで「ESTA申請」と検索すると、申請窓口が・・たくさん・・表示される。

どれにしようか迷ってしまう。

 

以前、どれも同じと勝手に思い込んで、適当なサイトから申請したら70US$ばかりとられた・・・登録は出来たけど・・・民間経営の詐欺まがいの申請窓口だったみたい。

 

正式なアメリカ合衆国国土安全保障省(United States Department of Homeland Security、略称:DHS)のESTA申請サイトはここ。14US$/人で申請できる。

 

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

 

f:id:ostp:20170613203958j:plain

 

日本語を選べば、日本語表記になります。

 

私が引っ掛かった詐欺まがいサイトも、このページに似せた作りになってて、バックの写真が「自由の女神」。見事に騙されました。 ・・・ボリボリ

 

すべてのデータを記入し終わると、確認ページが出てきます。この時、支払金額が表示されますが、詐欺まがいサイトは端っこに小~ぃさな文字で70US$と出る・・が、名前とか生年月日やパスポート番号が合ってるか確認に気を取られ・・・・気が付かずOKをクリックして・・・悔しい

 

みなさん注意してくださいね。支払う前に14US$/人か確認してくださいね~。

 

そして・・・登録後に示される、登録ナンバーと有効期限をパスポートの後ろのほうのページにメモしておくことをおすすめ。  ・・あとあと有効期限は重要・・

まぁ、メモしておかなくても、この申請サイトで、登録状況の確認もできますけど。

 

観光ならVISAなしで行けるのはありがたいけど・・・でも面倒だよな・・・

オーストラリアも・・・

 

 

海外でレンタカー おすすめは? 加入する保険は?

私は hertz rentacar ハーツレンタカーを使います。(と言ってもまだ数回だけど・・・)

 

突然ですが

JAFの会員は15%割引で借りられること知ってますか?

JAFの会員ページから hertz rentacar を借りると15%引き。他社もOK?同じみたい。

 

さて海外で車をレンタルするとき、私はまずその国の有名どころをネットで探します。

なぜって?・・・ハーツは地元のレンタカー会社より少し高い場合があるし・・・

使い勝手のいいレンタカー会社があれば・・・

 

ニュージーランドは EZI カーレンタル。(中古車を扱ってて安い・・・)

 

最初の海外でカーレンタルはグァム、 nippon rentacar ニッポンレンタカー 。まだ営業しているかHPで探したらありました。日本人スタッフ常駐で初めてのカーレンタルも楽勝でした。海外ドライブ入門におすすめです。一日でグァム島を一周できます。

話がちょっとずれたけど・・・

 

その他の国ではいまのところ hertz レンタカーでした。

 

ダラー?はハワイは強いけど?・・・世界的に強いのは・・・

あっちこっち見たけど料金や条件は大手はほぼ同じ。

・・・ということで世界中にネットワークが広がってる し(もっとワールドワイドな会社があるかも・・・)

 

www.hertz.com

予約は日本語ページで楽ちん。

 

 

車を借りるとき加入する保険の種類を忘備録として。

 

保険の種類

LP:自動車損害賠償保険

  (日本でいう対人・対物保険。限度額有り、加入時自己責任で確認してね)

LDW・CDW:車両損害補償保険(任意保険)

PAI・PEC・PI:搭乗者傷害保険(任意保険)

LIS:追加自動車損害賠償保険(任意保険)

MAX COVER・SC:車両保険(任意保険)

TP:盗難保険(任意保険)

 

FPO:返却時燃料補充不要(任意加入)

 

私はLPとLDW・CDWのみ加入します。

搭乗者傷害保険とか盗難保険とかLIS追加損害賠償保険とかは入ったことないです。

慎重運転ですから・・・。

 

 

 

私はハーツGOLDプラス・リワーズ会員にもなってます。どんな特典があるか?ですが、こんなことがありました。

 

ある国でレンタカーを借りようとハーツのSHOPに行きました。

国際免許証はホテルのスーツケースに入ったまま・・・財布にはハーツGOLDプラス・リワーズ会員証。

SHOPで手続きするのに国際免許証を要求され、忘れたことに気づき・・・ホテルまで取りに帰ろうとしたら・・・

ハーツGOLDプラス・リワーズ会員証から登録内容を確認して、車を貸してくれた。国際免許証なしで・・・こんなことも有りなんだね。

 

もっともアメリカで借りた時は、国際免許証は作らず、hertz 日本事務所発行の免許証明書(単に翻訳書類?だった)でOKだったので、必ず国際免許証が必要とは限らないようですね・・・・・国によってかな?

 

海外では特に安全運転で!

 

 

 

 

海外旅行用の地図は? Google Map派? maps.me派?

スマホがなかったころは、旅行案内書を持ち歩いてた。「地球の歩き方」とか・・・

今も持っては行くけど、ホテルに置いてる。翌日観光先の下調べとかに・・・。

 

昼間はスマホの地図があればOK。これに waypoint 設定すれば地図は不要。 

タクシー乗っても遠回りされない。超便利。

 

で、私はMAPS.MEを愛用してます。オフラインで使えるし、日本語版あるし反応早くていい。海外旅行時のデータ通信用SIMは前ブログで書いたように、Vodafone.ieなので、Google map でもいいんだけど、余計なデータ消費は避けたいしね。

 

GPSをonすれば自分の位置もわかるし、目的地までナビもしてくれる。もちろん無料。

 

ネットで MAPS.ME って検索すれば、インストールの仕方や使い方がたくさんヒットするので、ここでは詳しく書かない。

 

アプリは app storegoogle play からダウンロード。このシンボルマークが目印。

 

f:id:ostp:20170607204328j:plain

 

地図データは国とか地方ごとにダウンロードするようになってます。・・これももちろん無料・・・ほんと助かります・・・

 

旅行に行く前に行先の地図データをダウンロードするんだけど、maps.meを起動して、行く場所を拡大すると、地図データがまだダウンロードされていない場合、(例えばハワイのワイキキ付近)「地図をダウンロード」してくださいって表示される。それにタッチすれば地図データをダウンロードしてくれる。まったく簡単。良く出来てる。

 

作成に協力されてる人たちに感謝です。

 

ドイツ・オーストリアをドライブ旅行した時は、この MAPS.ME をカーナビに使ったけど、ちゃんとルート案内してくれました。(でも画面が小さくて、この旅行のあとGarmin のカーナビ買いました・・・)

 

ネットで検索すると、google map で地点登録してそれを kml で maps.me に転送して・・・・って、難しそうなことが書かれたりしてるけど、一つずつならスマホ上で maps.me のメニューから簡単に登録できます。

 

日本地図もあるので、国内旅行にも使える。

 

 

クイーンズタウン の ホテルを予約するときは 「湖畔」

ニュージーランド nz のクイーンズタウン Queenstown って町は、景色がきれいで旅行者には人気の町・・・らしい。

 

確かにきれい。天気のいい日は特に山、湖、緑がきれいなコントラスト。

 

この町でホテルを決める時の選択肢キーワードは、「湖の近く」。

 

どこのホテルの案内にも書かれていないけど、この町は山の中の湖畔の町。平地は少なく(レストラン、スーパーマーケットなどはこの平地部分にあるが)、ホテルによっては、急坂の上。のぼりがきつい。町の中には公共の駐車場が少なく、ホテルから徒歩で街中に観光に出かけるのはいいが、帰りが・・・・。

 

f:id:ostp:20170604171126j:plain

この写真は町随一の観光地 ロープウエイ skyline からの queenstown の町。町は平らに見えるが、意外と坂がきつい。

 

個人旅行で町の中に宿をとるなら、湖畔がおすすめ。